誰かのせいにして、自分の幸せをあきらめているあなたへ〜あなたが幸せに生きる道へ、一緒に踏み出しませんか?

親が子どもを信じないでどうする!!

ライフコーチ
みつはしあきこ

ブログ, 子育て , , , , , , , , , , , ,

「誰かのためでなく、自分のために生きたいあなたを応援する」ライフコーチみつはしあきこです。

 

マザーズコーチングスクールの認定ティーチャーとして、子どもコーチクラブの認定コーチとしても、「子どもの人生」と「ママの人生」を応援しています。

 

会社を退職して約1年。自宅を中心にお仕事をさせていただいていますが、ほとんどTVを見ていません。

 

こんな私が今はまっているドラマが「コード・ブルー」です。たまたま、6話くらいを息子が見ているのを一緒に見てしまったら、はまってしまい、途中からですが見ています。

 

フィクションだから、ということもあるでしょうが、いろんなことが起きますね・・・

 

医療の現場は、人の命を扱い、人の命を扱うのは、体だけでなく心も扱うことになる。そして、その人たちを相手にする医療現場の人たちも、また一人の人である。

 

こんな素人の私が言うと、軽々しく聞こえてしまうかもしれませんが・・・

 

そして、いろいろなことを考えさせられるドラマです。

 

でね、毎回のようにドラマの中のセリフが、私の心にがんがん響いてくるんです。

 

その中のひとつが、ひやま先生(戸田恵梨香さん)の言葉です。

 

「親が子どもを信じないでどうするんですか!!」

 

ざっくりと補足すると、ひやま先生の恩師にあたる先生の息子が、心臓病を患い、心臓移植を待っている状態。3年待ってようやくドナーが見つかり、移植を受けられると連絡が入る。ただ、息子本人が移植を受けたくないと言いだす。息子の言葉に動揺し、移植を受けさせる決断ができないその恩師に、ひやま先生が言った一言。

 

 

そうだ、時に親は子どものせいにして逃げようとする。

 

子どもに辛い思いをさせるから

子どもがかわいそうだから

子どものためだから

 

でもこれって、本当に子どものためなのかな

 

子どものことを信じきれない、親の逃げじゃないのかな・・・

 

子どもには子どもの人生があって、その人生に責任を持つのは子ども自身。

 

確かに子どもが小さいうちは、親の責任は大きい。

でも、その責任を全て負うことはできない。

 

子どもには、自分の人生を背負っていく力があるって、そう信じるしかないんじゃないかな

 

このセリフを聞いて、思い出したことがある。

 

 

前の旦那さんと離婚するとき・・・

 

両親が離婚している私は、自分は絶対に離婚なんてしないって思ってた。

絶対に理想の家庭を作るって思ってた。なのに、うまくいかなかった・・・

 

子ども達には、私と同じ寂しさを味わせてしまうのか

それによって子ども達の将来はどうなってしまうのか

大人のこと信じられなくならないか

 

私の勝手な都合で子ども達を振り回していいのか

わがままな母親なんじゃないか

子どものために、自分は我慢するべきなのか

 

 

こんな問いが、頭の中をぐるぐるしてた・・・

 

コーチングに出逢ったのもちょうどこの頃。

ここでコーチングに出逢ったから、私の問いは変わった。

 

自分にどうしたいかを問い続けたら、離婚という選択肢しかなかった。

 

それが、私が歩みたい未来へ向かうための選択。

 

子どものための自己犠牲ではなく、私が私らしく生きていくための選択。

 

この子達が、もしかしたら辛い思いをするかもしれない。

 

それでも、私は私の選択に責任を持ち、子ども達がどんな風に育とうとも、この先何があろうとも、それを受け止め続けようと誓った。

 

自分の人生に、自分の選択に責任を持つって、そういうことだと思う。

 

私がどうあろうと、私がうまくいかなかったからって、子ども達がうまくいかないとは限らない。

 

私と同じ道を行くとは限らない。

 

勝手に悲観的になっているのは親の方かもしれない。

 

彼らにはきっと、それを乗り越える力がある。

 

だからきっと、私のところに生まれてきてくれた。

 

もう、そう信じるしかないよ。

 

こんなお母さんのところに生まれてきてごめんね。もし、そんな風に思うなら、こんな風に変えたらいい。

 

あなたには困難を乗り越える力があるから、お母さんのところに生まれてきてくれたんだねって。

 

 

ついつい親は、自分の心配する気持ちを子どもに押し付けたりする。

 

「勉強しないと、良い高校、良い大学には入れないわよ」

「良い大学へ行かないと、良い会社に就職できないわよ」

 

なんて言ったりする。

 

でも、良い学校⇒良い大学⇒良い会社⇒良い人生とは限らない。

そもそも、何を「良し」と思うかは、親と子でも、きっと違う。

 

だからこそ、子どもを一人の人間として、尊重しあう関係でいたい。

 

子どもは心配されるよりも、信じてもらったほうがずっと嬉しい。

 

私は、子どもを信じる母親でいたい。

 

 

実際には、難しい時もあるよ・・・。毎日のように、そんなシーンに直面しているのも事実(笑)  いやいや、笑えないわ・・・

 

そのためにも、自分にはどんな思い込みがあるのか。どんな願いがあるのか。それはどうしてか。

 

そんな問いを持ち続けていたい。

 

あなたにも、自分自身が子どもに何を求めているのか、どんな想いがあるのか、どんな思い込みがあるのか、もしくはないのか。知っていてほしい。

 

それだけでも、確実にコミュニケーションは変わるから。

 

子どもには子どもの人生があって、親のものではないことに気付けば、結果的に自分が楽になるから。

 

 

 

マザーズコーチングは、お母さん(お父さん)自身のことを振り返り、自分を知るためのワークが満載な講座です。自分自身の気持ちを楽にして、少しでも子育てを楽しめるためにも、一度受講してみませんか?

マザーズコーチングスクールについてはこちら

 

こんな私の人生を赤裸々に語る??ランチ会もしくはお茶会を計画中です(^^)

まもなくご案内しますので、しばしお待ちくださいね。あなたにお逢い出来たら嬉しいです!!

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!!!

 

ライフコーチ みつはしあきこ

コーチングを通して、「誰かのためでなく、自分のために生きたいと願う人」をサポートしています。
また、マザーズコーチングスクール認定ティーチャーとしても、コミュニケーション講座を通して、「ママの人生」と「こどもの人生」を応援しています。
誰もが自分の人生の主役。進みたい未来へ一緒に歩みましょう!

ブログ, 子育て

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA