誰かのせいにして、自分の幸せをあきらめているあなたへ〜あなたが幸せに生きる道へ、一緒に踏み出しませんか?

自己肯定感を上げるってどうゆうこと?

ライフコーチ
みつはしあきこ

自分を知る・自分を大切に

「誰かのためでなく、自分のために生きたいあなたを応援する」

ライフコーチ みつはしあきこです。

マザーズコーチングスクールの認定ティーチャーとしても

「こどもの人生」と「ママの人生」を応援をしております(^^)

 

マザーズティーチャーとして

こどものためにお母さんがコミュニケーションを学ぶ講座を開講しているわけなのですが、

この講座の中では「自己肯定感」を育む関わりについてもお伝えしています。

その中で、「自己肯定感」が高くなると「自意識過剰」なこどもにならない?

「俺ってすげーだろ!?」みたいにならないのかな?という質問をいただきましたので

私なりの勝手な解釈をまとめてみました。あくまでも私の勝手な解釈です^^

「自己肯定感」とは?

自分は生きている意味がある。

生きている価値がある。

自分は大切な存在である。

愛されている。

自分自身を自分で認められる状態というのでしょうか。

自分を信じることができるので、いろんなことに挑戦できたり、

多少のことではめげなかったり、意欲的に行動できたり。

まぁ、検索しても実際にこのようなことが書かれています。

これらは、幼少期の親との関係が影響しているともいわれています。

自分が大切な存在として扱われてきたか。

大切な存在だと伝えられてきたか。

大切な存在だと感じることができたかどうか。

とはいえ、周りからの影響が強かったとしても、最後に自分で自分を大切な人だと思えるかどうか

ここも重要な気がするんです。

誰かと比べて「すごい」「すごくない」ではなく、あくまでも自分自身がどうあるか。

誰かと比べて、できていることを「俺ってすごい」と評価していること自体は自己肯定とは違う。

だって、自分よりできない第三者がいることで成り立っているわけですから。

 

そして、日本のこどもたちの自己肯定感が低い・・・という事実は

残念ながら様々な調査結果でも明らかになっているようです。

これは日本の文化にも紐づいているところがありそうですね。。

例えば、男の子はこうあるべき!女の子はこうあるべき!長男はこうあるべき!

お母さんはこうあるべき!こどもは親の言うことを聞くべき!みたいな

思い込みや押しつけ・・・

それに当てはまらない自分は、ダメな自分と思い込むなんて経験はあるのではないでしょうか?

「自己肯定感」が低いとどうなるか?

必要以上に自分に自信がなくなって「どうせ無理・・・」「どうせ自分なんて・・・」

なんて言葉が出てきたり

他人の目を気にするあまり、行動ができなくなる。

うん、私にも思い当たる節があります・・・

「自分がやる意味なんてあるのかな・・・」「あの人みたいにはできない・・・」

なんて思ってしまうこともありますよね。。

 

時にいじめられていても

「自分はいじめられるような存在だから仕方ない」

「自分なんていない方がいい」

なんて思ってしまったり・・・

 

そして、反対にいじめをする子も「自己肯定」は低いのでしょうね。

誰かに対して強い自分でいることで、自分を保っているわけですから、第三者がいないと成り立たない。

弱い自分を見せたくなくて、強い自分を演じようとする。

自分で自分を認められていないから起こることなんだろうなと。

 

こどもの「自己肯定感」を高めるには?

こどもの頃は、やはり親との関係や身近な大人との関係が一番よい影響を与えるのだと思います。

(逆に親の関わり次第で、自己肯定感は下がるということにもなる・・・・)

無条件で「愛される」存在でいられること。

生まれてきてくれただけで「ありがとう」と言ってもらえること。

何よりも大切でかけがえのない存在であること。

これらを言葉だったり行動だったりで思いっきり示してあげられたら

「愛されてる」って感じられるかな。

母としての私も「愛してるよ~。大切だよ~。ずっと味方だよ~」と伝えているつもり・・ではありますが

伝わってないかな、伝え足りないかな・・・なんて思う事は多々あります。。

それでも、大きくなってくると無条件とはいかなくなり、出来ていないところばかり目について

怒りすぎてしまったりね・・・。

つい結果だけで判断してしまったりね・・・。

本当はいてくれるだけで幸せなのにね。

 

大人の「自己肯定感」を高めるには?

正直大人になっても幼少期の記憶は消えないわけですが

自分自身で自分を認めてあげることはできる。心身のバランスも整えられると思っています。

「自己基盤」ともいえるかもしれませんね。

自分の中心に大事な軸があり、揺らぐことがあっても、ポキッと折れることはない。

強風に吹かれて倒れそうになっても、大雨でびしょぬれになって弱ったとしても

最後には自分の力で踏みとどまっていられるというか・・・

(この表現わかりにくかったらごめんなさい・・・)

ちなみに、私の「自己基盤」はライフコーチングを通して整えてきました。

かなり時間かかりましたけどね(笑)

今では自分が大切にしたい想いに気付き、結果周りの影響に振り回されなくなりました。

(いや、振り回されることもあるけど、自分でもとに戻れるようになった、が正解かな)

ライフコーチングでお伝えしている、「問題が問題だと思わなくなる」ような成長を遂げたわけです。

ライフコーチングを通して何をしたか・・・まずは自分を知ること!ですね。

 

誰もが自分で自分を大切に思えたら、世の中は平和になる

私は、誰もが自分で自分を大切にできたら、世の中は平和になると思っています。

「虐待・DV・いじめ・戦争」がなくなり、みんなが安心して暮らせる社会になると信じています。

どうしてか?? 誰かに依存しなくなるから。

誰かに依存していると、その誰かがいなくなったらどうなるか。

その誰かの言動によって、幸せや自分の価値も感じられるけど、

簡単に自分の幸せが崩れていくことにもなる。

もちろん、人は一人では生きていけないし、お互いが支え合って生きていく必要はありますが

支え合うのともたれ合うのとはちと違うなと思うわけです。

 

マザーズコーチングで伝えられること

マザーズコーチングスクールの講座では、まさしく「自己肯定感」を育てる関わりについて

深く学ぶことができます。

あなたは大切な存在。生きているだけで意味がある。愛されている。

と伝えていくためのポイントもお伝えしています。

逆に言えば、どんな関わりをしていると、自己肯定感を下げていくのか。というのもわかります。

まったくこどもを否定する気はないのに、知らず知らずのうちに否定していたかと思うと・・・

自分自身が学んだ時に唖然としました。知らないってこわい・・・

あなたがこどもだったらどんな関わりをしてほしいですか??

マザーズコーチングスクールの講座について詳細はこちらをご覧くださいね

ライフコーチングで伝えられること

一方で、ライフコーチングでは、あなた自身にフォーカスをあてていきます。

あなたが大切にしていること、大切にしたいこと、あなたらしいってどうゆうことなのか

誰かに認められるための自分ではなく、見えなくなっている本当の自分を見つけ出す

そんなお手伝いをしています。

自分のことがわからない人には、ぜひ逢いに来てほしい!

自分のことがわからず、こどものことだけを知ることもできないですしね^^

ライフコーチングについてはこちらをご覧くださいね(^^)

みつはしあきこができること

「コーチング」を通して、そして自分自身の経験を通して、お伝えできることがたくさんあります。

「ママの自己肯定感を上げるワークショップ♪」なども開催中。

とにかく、私の全身全霊を通して、あなたがどれだけ素晴らしい人か気づいてもらいますから

ぜひ逢いにいらしてください!!

遠方の方はskype(テレビ電話)でお逢いすることもできちゃいますから♡

あなたが自分を信じられなくても、あなたが自分に自信が持てなくても、大丈夫♡

私があなたを信じますから。

お逢いできることを楽しみにしています♪

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました!!!

ライフコーチ みつはしあきこ

コーチングを通して、「誰かのためでなく、自分のために生きたいと願う人」をサポートしています。 また、マザーズコーチングスクール認定ティーチャーとしても、コミュニケーション講座を通して、「ママの人生」と「こどもの人生」を応援しています。 誰もが自分の人生の主役。進みたい未来へ一緒に歩みましょう!

自分を知る・自分を大切に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA