ライフコーチング 子育て 教育機関向けコーチング | ブログ

  • メールレター
  • メールセッション

BLOG

2020.12.31 お客様の声 / 各種講座・講演

都立高校3年生へ:「自分の人生を生きる」講演会/開催レポート⑥教師アンケート「明らかに動揺をあらわした生徒たち」

東京都立上水高校にて開催した「生きるとは・働くとは。自分の人生を生きること」の講演会の様子や受講者様の声、第六弾をお届けいたします

 

こんにちは!みつはしあきこです。
いつも、ご覧いただきありがとうございます。

 

 

2020年10月2日に
東京都立上水高校3年次232名に向けて

 

 

「生きるとは・働くとは、自分の人生を生きること」

の、講演をしてまいりました。

 

https://mitsuhashiakiko.com/wp2020/wp-content/uploads/2020/10/121239508_769050476995574_8823589745073275363_n.jpg

 
 

過去記事はこちらからどうぞ
Vol.1 直接お礼を言わないと一生後悔すると思った

Vol.2 成功体験を語る能無しよりよっぽどいい

Vol.3 正直なところを言うと、講演を聞く前は 面倒くさいと思っていました・・・

Vol.4 やりたいことは、やった方がいい、という言葉が胸に刺さった

Vol.5 「選択に迷ったときは、どっちを選んだ自分が好きになれるかどうかで考える」

 
 


明らかに動揺をあらわした生徒たち


 
 
10月2日に行った
都立高校の講演会。

 
ここまでたくさんの生徒たちの声を
ご紹介してきました。

 
今日は先生からいただきました
ご感想をご紹介したいと思います。

 
 


 
【1】講演の内容はいかがでしたか?

 
大変満足:100%

 
 


 
【2】講演の目的に対する達成度をお聞かせください
 
(目的:外部講師の経験や生き方を聞くことで視野を広げ、これからの未来を考えるきっかけにしてほしい)

 
大きく達成した:66,7%
 
おおむね達成した:33,3%

 
 


 
【3】生徒の様子はいかがでしたか?お気づきのことがあれば教えてください

 
よく集中して聴いていました。

 
そして何より、みつはしさんのお言葉が
一人一人にきちんと響いていると

 
彼らの表情を見ていて確信しました。

 
 


 
講演を真剣に聴き、
共感して涙する生徒も見られました。

 
家庭状況に少なからず困難を抱えている生徒

 
我慢をしすぎて自分を苦しめている生徒

 
失敗を恐れて挑戦できない生徒

 
今ある情報にとらわれ選択肢を狭くしている生徒など

 
幅広い範囲で生徒の心に届いていたと感じました。

 
講演後にわざわざ戻ってきて
会いにきた生徒が

 
泣きながら苦しかった自分の心を
開示している姿を見て

 
大人の責任を感じました。

 
保護者会ではいつも
『信じて見守る』お願いを
保護者の方々にはしていましたが

 
近くにある大人が、
もっと子供のことを信じて寄り添って
あげなければいけないとも思いました。

 
 


 
「別の自分を演じる必要はない。
自分のやりたいことを追求せよ」

 
という趣旨(実際の文言は異なると思いますが)に
差し掛かったところで

 
教室にいた数人の生徒に明らかな動揺を見せていました。

 
本校の生徒はいわゆるいい子が多いので
恐らくこのくだりにヒットするものがあったのでしょう。

 
 


 
【4】講演をお聞きになり、印象に残ったことを教えてください

 
飾らず、率直な言葉で生徒に語りかけていただいたことです。

 
だからこそ、彼らの心に真っ直ぐ届いたのだと思います。

 
何より素敵な笑顔を絶やさず
生徒達や私たち教員にまで向けていただき

 
みつはしさんのお人柄に救われ元気を頂いたのは
生徒達だけではありません。

 
正直泣きそうになってしまいました。
本当にありがとうございました。

 
 


 
プロフィールを拝見していましたが
想像していた以上に幼少時のご経験は壮絶なものでした。

 
私は20代の10年間定時制高校勤務で
様々な生徒を見てきました。

 
道を踏み外してしまう生徒も多かったのですが
最後の砦になるのは親の『愛』だったように思います。

 
(曲がったものや、過剰すぎる場合でも)

 
愛があれば子どもは何とか自分で生きていけると感じていました。

 
三橋さんが苦しい中で
ご自分を保っていった奥にあったものを
もっと聞いてみたいと思いました。

 
また、私にも息子が2人いるので
お子さんから応援のメッセージをもらったお話は
とても温かい気持ちになり
お子さんたちの優しさに涙しました。

 
 


 
人生の転換点で現状を変更するための一歩を踏み出す勇気の大切さ。

 
 


 
【5】よりよくなるためのご意見があれば教えてください。

 
本当に素晴らしかったです。
そのまま、みつはしさんのままで
これからも多くの方々を救って差し上げてください。

 
 


 
働くことの意義について、
教員として語ったことがなかったのですが

 
改めて『なぜ』『何のために』を
伝えていくことが大切だと感じました。

 
今の子供たちは過剰な情報の中で
未来に対しての夢よりは焦りのようなものを感じているように思います。

 
もっと若者らしく自由に考えられるような
アプローチを大人たちがしていく必要があると
改めて実感しました。

 
また、部活動を指導していて思うのですが
以前よりも親の価値観や考えに影響される子供が多いと感じます。

 
それは昔もあったことなのかもしれませんが
高校生の時期はその価値観を壊して
自分の考えを構築していく時期だったと思います。

 
スマホの情報や
常に誰かとつながっているため
孤独にものを考えることがなく

 
また、親が先回りで障壁を取り除いてしまうため
『自立』が遅くなっていると感じます。

 
そういう意味で保護者へのアプローチが
より大切だと感じます。

 
 


 
【6】最後に・・・
みつはしあきこへのリクエストや
ご意見などありましたら遠慮なくお聞かせください!

 
この度は本当にありがとうございました。

 
生徒達が今抱えている不安や焦り
迷いなど様々な思いに寄り添っていただけて

 
彼らにとってとても貴重な時間となったと思います。

 
もちろん、我々大人にとっても
自分達を振り返り

 
生徒にそして自分自身にも
再び寄り添おうと思える機会を頂きました。

 
今後のさらなるご活躍を
心よりお祈りしております。

 
ありがとうございました。

 
 


 
この度は急なお願いにもかかわらず
貴重なお話をしていただき
本当にありがとうございました。

 
殆ど直感で
コロナ禍
家庭環境
受験生
人生の選択肢

 
などのキーワードが私の中で結びつき
みつはしさんが最適と思い依頼したのですが
本当に素晴らしいお話でした。

 
高校3年生が最も受験不安に陥る10月の初めに
奇跡的に設定できたことにも感謝しております。

 
ご紹介いただいた方も含めて
人の繋がりの大切さを改めて実感しています。

 
今後とも、多くの人に影響を与える場を
多く持たれご活躍されることを願っています。

 
 


 
 
以上です。

 
今回直後に試験があったりと
先生方もお忙しく

 
ご感想をいただけたのは
数名の先生でした。

 
(感想アンケート作るのが遅かった・・・)

 
このようなご感想をいただき
改めて私も考えさせられることが
多々ありました。

 
 
あなたはいかがですか?

 
これを読んで何か思うことが
おありでしょうか。

 
 
もしかしたら親としての立場で
考えることもあるかもしれません。

 
逆に子どもとしての自分が
反応することもあるかもしれません。

 
明らかに動揺をあらわした生徒たちは
私の言葉にどう反応したのでしょうか。

 
 
それは聞かない限り
彼らにしかわかりません。

 
 
でも、動揺とともに起こる
自分への問いが

 
これからの彼らが
自分の人生を生きるための勇気に
なっていたらいいなと願っています。

 
 
そして、やっぱりできることをやっていこうと
改めて心に誓いました。

 
先生にもお墨付きをいただきましたので

 
さらに講演活動に
力を入れていきたいと思っています。

 
彼らともっともっと対話したいなぁ。

 
 
 
それでは、
今日はこの辺で!

 
今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

 
 
ライフコーチみつはしあきこ

 
 
 
 

講師依頼は随時承っております!お気軽にご相談ください!!

▶▶お問合せはこちらから