ライフコーチング 子育て 教育機関向けコーチング | ブログ

  • メールレター
  • メールセッション

BLOG

2021.8.26 コーチング / 日常の気づき

あなたは誰がなんて言ったって、素晴らしい奇跡の存在です!

先日、一週間ほど夏休みをいただきました。
 

ありがとうございました!
 
 
 

途中、
 

以前より予定が決まっていたラジオ収録と
1セッションをのぞき
 
 
 

打ち合わせや勉強会
自分が参加する学びなども含めて

 

すべてお休みをいたしました。
 
 
 

途中、自分がしたいと思う
SNS投稿だけは少し行いましたが
 
 
 

こんなにPCを開かない
オンラインZOOMをやらない日は久しぶりでした。
 
 
 

コロナによって当初予定していた予定は
中止や変更をしつつも
 
 
 

家族みんなでのんびりお休み。
 
 
 

トランプにモノポリーなど
ゲーム三昧。
 
 
 

そしてもう一つみつはしが
このお休み中にハマっていたのが
 
 
 

「コウノドリ」というドラマ。
 
 
 

ご存じですか?
 
 
 

漫画がドラマ化されたもので
6年くらい前でしょうか。
 
 
 

みつはしが「コウノドリ」
という漫画を知ったのが
 
 
 

ちょうど三男を妊娠していた時。
 
 
 

三男は特に悪阻がひどく
二ヶ月間会社を休職し
家でほぼ寝たきり状態。
 
 
 

何をする気も起きず
 

ベットの上で漫画を読むか
スマホゲームのツムツムを
ひたすらやってました(笑)
 
 
 

その時に、旦那さんが
TSUTAYAで借りてきてくれたのが
 

「コウノドリ」
 
 
 

主人公は、
 

自分の誕生と引き換えに
母親を病気で亡くした経験のある
産科医。
 

母親は未婚のため
父親もわからない。
 

施設で育った過去があります。
 
 
 

そんな主人公:鴻鳥サクラ(コウノドリサクラ)が
 
 
 

産科医になり、命の奇跡と向き合うお話です。
 
 
 

TBS番組紹介はこちら▼
https://www.tbs.co.jp/kounodori/cast/
 
 
 

命の誕生は奇跡。

 

人の命ほど尊いものはない。

 
 
 

きっと誰もが
そんなことわかっていると
言うのかもしれません。
 
 
 

それでも
日常の中でつい忘れてしまうことは
ないでしょうか。
 
 
 

このドラマでは
 

毎回十人十色の出産の世界を
見せてくれます。
 
 
 

ドラマなので
 

何ごともない普通の出産よりは
ちょっと特殊ケースを
多く扱っていることはあると思います。
 
 
 

それでも「出産」というシーンを通して
 
 
 

家族、パートナー、仕事
 

そして何よりも自分と向き合うことの
大切さが描かれています。
 
 
 

毎回、せつなくて号泣。
 
 
 

休みの前半二日間くらい
連続で何時間も見続けて
 
 
 

ぐったり疲れてしまって
目が腫れるくらい泣きました(笑)
 
 
 

出産シーンもすごくリアルで
どうやって撮っているんだろう?
と思うくらい
 
 
 

本物の赤ちゃんが出てくるんです。
 
 
 

生まれたてのしわくちゃの赤ちゃん。

 
 
 

たまらなくかわいいです。

 
 
 

もう、自分の子どもでもないけど
かわいくてかわいくて泣けてきます。
 
 
 

一生懸命泣いて

 

一生懸命生きています。

 
 
 

私たちも例外なく

 

あぁして生まれてきたのですよね。

 
 
 

改めて思うんです。
 
 
 

この世に、生まれながらして
悪い人なんていない。

 
 
 

誰もが、奇跡で生まれてきた
素晴らしい存在なのです。

 
 
 

そこにいるだけで
素晴らしいんです。

 
 
 


 
 
 

これはどんな人も例外ないはず。
 
 
 

生まれてきた環境や
育つ環境には
 
 
 

残念ながら違いや格差はあります。
 
 
 

でもね、
 

生まれてきてはいけない存在なんて
本当はいないはずなんです。

 
 
 

誰もが愛されて大切にされていい
素晴らしい存在なのです。

 
 
 

ドラマの中で
 

残念ながら自分で
育てることのできない母親のお話や
 

助からなかった命もありました。
 
 
 

でもね、出産の時は、
 

「おめでとうございます」と言われているんです。
 
 
 

産科医って病院の中で唯一
「おめでとう」が言えるお医者さんなんだって言っていました。
 
 
 

確かに!!!
 
 
 

誰もが
 

「おめでとう」って言われて生まれてきた。
 
 
 

過去のみつはしは
 

自分が生まれてきたから
家族が壊れたんじゃないか。
 

そう思っていたことがあります。
 
 
 

私なんて生まれてこなければよかったんじゃないか。
 
 
 

そう誰よりも自分を否定し
 

自分の存在価値が見いだせなかった。
 
 
 

何のためのに生まれてきたんだろう。
 

私は何がしたいんだろう。
 

自分のことがわからなかった過去があります。
 
 
 

今でも時々
そんな自分が顔を出すことはあります。
 
 
 

それでも、今は・・・
 
 
 

生まれてきてよかった。
 
 
 

私は幸せだし
もっともっと幸せを感じていいし
 

もっともっと人の役にも立てる。
 
 
 

自分を愛してくれる
大切にしてくれる家族も仲間もいる。
 
 
 

そう、思えるようになりました。
 
 
 

だからね、あなたにも伝えたい。
 
 
 

あなたは奇跡で生まれてきた
 

素晴らしい存在なんだって。
 
 
 

生まれてきて、おめでとう!!!
 
 
 

生まれてきてくれて、ありがとう!!!
 
 
 

あなたは自分からも周りからも
大切にされていいし
 
 
 

もっともっと幸せになっていい。
(幸せを感じていい)
 
 
 

きっとこれまでいろんなことあったと思うけど
 
 
 

こうしてこれまで無事に
生きていることは奇跡。
 
 
 

もう本当にすごいことなんです!!!
 
 
 

(語彙力のなさ・・・)
 
 
 

しつこいようですが(笑)
 
 
 

そんな自分を雑に扱わないでほしい。
 
 
 

奇跡で生まれてきた自分を
 

奇跡で生まれてきた周りの人を
 
 
 

大切にしてほしい。
 
 
 

「どうせ自分なんて」
 

とか、言わないでほしい。
 
 
 

出産は命がけ。
 

今は医療が発達しているけど
それでも、出産を機に亡くなる命もある。
 
 
 

そのくらい
お母さんが命を削ってでも
 

奇跡を生み出す。
 
 
 

そして、私たちが例外なく
経験した赤ちゃんとして生まれてくる瞬間。
 
 
 

お母さんだけじゃなく
赤ちゃんも必死でしんどい中生まれてくる。
 
 
 

だから私たちって
生まれてきた時と同じように
 
 
 

どんな困難にも
しんどい時にも
 
 
 

それを乗り越える強さを
持っているのではないでしょうか。
 
 
 

だから、みつはしは
自分の活動を通して伝えたい。
 
 
 

あなたは素晴らしい存在だよ!
 

大切な存在なんだよ!
 

自分のこと、自分の命を大切にしてね!
 
 
 

自分も人も
信じて、大切にして
 
 
 

そして自分の人生を思いっきり生きて!!!
 
 
 


 
 
 

改めて声を大にして言いたくなりました。
 
 
 

コウノドリ、ありがとう!
 
 
 

そして、今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!
 
 
 

ライフコーチみつはしあきこ
 
 
 

自分を信じ、人を信じ
自分の人生を生きるヒントをお届けする

「みつはしあきこのメールレター(無料)」

ご登録はこちらより▼
https://resast.jp/subscribe/86827/1861434