誰かのせいにして、自分の幸せをあきらめているあなたへ〜あなたが幸せに生きる道へ、一緒に踏み出しませんか?

初めてのおつかいならぬ、初めての模試

ライフコーチ
みつはしあきこ

ブログ, 子育て , ,

「誰かのためでなく、自分のために生きたいあなたを応援する」ライフコーチ みつはしあきこです。

マザーズコーチングスクールの認定ティーチャーとして、子どもコーチクラブ認定コーチとしても「こどもの人生」と「ママの人生」を応援をしております(^^)

 

何度も何度も登場している我が家の子育て?事情(笑)

 

今日は、中3長男受験生の初模試のことを少し。

 

 

私自身も、子どもの初めての受験に対し、何をどうしていいやらいまいちわからず・・・

先輩ママさん達から話は聞いてきたけど、なんだか右から左へ情報が流れていく感じ・・・

だって・・・よくわからないんだもん(笑)

そして、親がどんだけ関わるんだ!?って感じで、現実逃避していた感じですね~(;^ω^)

 

とはいえ、いよいよ一学期も終わり、受験モードに入ってきた!7月下旬ごろ・・・

 

夏休みの宿題では、高校見学レポートが最低3校とのこと・・・

で、7月下旬になって、慌てて学校見学やら模試??のことを調べ始めたわけです。

 

そもそも模試って何よくらいの感じから始まり

耳にしたことのある、「V模擬」「W模擬」の違いって何よ!?

 

ということでネット検索(笑)

 

正直違いはほぼなし。住まいの地域によって一部変わるみたいですが、東京都の場合はどちらを受けても変わらないと。

 

成績表の見方や、多少Vの方が難しいとかも書いてあるけど、まぁ、通っている塾の方針や、フィーリングで受けたらどうかとも書いてある(笑)

※いろんな説があるので、気になる方は各自検索してみてください(笑)

 

後々塾の三者面談に行き、塾でまとめて申し込みをしているのは「W」で、回数券を買うと割引になると聞きましたが、「V」を選びました。塾が「W」と知っていたら、もしくは塾経由で受けられると知っていたら、個人申込しなかった( ;∀;)

 

単純に「V」模試日程を見て、一番直近を見ると8月末の日曜日。ここはもう部活もないだろうと予測し、すぐにネット申し込み。

 

その時にですね、会場を選ぶのですよ。チャリでも行ける県内に模試会場があったものの、たまたまそこが「女子高」で、長男が「女子高」で受けるのは嫌だとか言いだす・・・(--〆)

(なんだ?その理由・・・)

 

結局、候補に挙がっている私立高校を選択。どうせなら高校見学も兼ねたらいいよね、なんて狙いもあり、近くにあるのにわざわざ電車に乗っていく私立高校を選びました。

 

さて、時間は流れ・・・模試当日。

 

母の心配は、模試の内容よりも・・・彼が方向音痴なこと・・・(笑)

地図もプリントしたし、乗る路線はサッカー部の遠征でも使っているし、一本で行けるし。

 

駅までは心配ない・・・が、問題はそこからの徒歩。約7,8分らしいが、母も行ったことはないので、うまく説明できない。そして、私も方向音痴(笑)

 

初めての場所。

初めての模試。

心配性の長男。

 

きゃー、急に心配になってきた。。

 

 

携帯も持ってないから、連絡も取れないし。。

 

無事についたかな。連絡ないから大丈夫だよね。暑いけど熱中症になっていないかな。5教科もあるからお腹もすくよね。

 

って、時計を見ては気になる(笑)

 

一方で、もう中3なんだから大丈夫でしょ!はいはい!何とかなるから行っといで~なんて言うんだけどね、本音は心配なのですよ。

 

今年に入ってからの私のテーマ「子離れ」の試練がここでもやってくる。自分の心配を子どもに押し付けないようにと、何かを伝えようと思う瞬間に思い出す。

 

あれ?これ、伝える必要なくない?私の勝手な不安でしょ?大丈夫、大丈夫。って感じで。

 

でも、こんなこと考えている自分のこと、結構好きかも。なんか、私お母さんしてるなって思うから。母親だもん、子どもの心配して当然だよね。愛するからこそだよねって。

 

きっと私もこうやって心配してほしかったんだろうな・・・

 

 

そうそう、当の本人はですね、出発前に「ま、だいじょぶでしょ。意外に本番強いしっ」なんて言いだして

「ん??本番強い?へー、そう思ってるんだ」なんて新たな一面を見れたりしました

そうだよね。子どもは心配されるよりも信じてもらったほうが嬉しい。

「あなたなら何があっても大丈夫」

そう言ってもらったほうが、きっと嬉しい。

 

 

で・・・・・全く模試の中身については気にしていなかったのですが、先日模試結果が返ってまいりました。

 

結果は・・・・ありゃりゃ・・・(*_*;

 

 

結果に対して、どうのこうの言うつもりはなくて、ただただ結果を受け入れると、希望校にはほど遠いことが明らかになってしまいました(*_*;

 

まぁ、初めてだしね、部活も残留してるしね、とかとか、言い訳作ろうと思えば作れるけど、とりあえずこれが結果。

 

しかも、誰かの主観ではなく、わかりやすい結果ですから、受け入れないわけにはいかない。

 

結果が届いて、一瞬二人で見て、あらら~ってなって(笑)そのまま私は買い物だったかお迎えだったかに出かけ、帰ってくると何だかイライラしている様子・・・

 

あー、イラついてるよ。でも自分の結果だからね~。しょうがないよね。それを周りに当たらないでね。って、ちょっとだけ言いたい気持ちもありましたが、そこはぐっと堪えてみた(笑)

 

次男が何やら八つ当たりを受けているようにも見えましたが。とりあえず次男とは目配せをして、その場を立ち去る。

 

こんな時、なんて言ってあげたらいいのかな。。。

 

迷いました。

 

あなただったら、なんて声をかけますか?

 

これが正解かはわからないし、長男がなんと言って欲しかったのかもわからない。でも、今回の私は、慰めること、励ますこと、結果に対して責める(なんでこんな点数しか取れないの?的な)ことはしませんでした。

 

きっと、慰めてほしいわけじゃない。この落ち込んでいる時に、明るく励ましてもらいたいわけじゃない。ダメだった自分をわかっているのに、追い込むように責めるなんて絶対にして欲しくないだろう。

 

頑張ってたの知ってるから。

部活もまさかの勝利の連続で、体を動かす時間も欲しいし、体を動かせば疲れてしまうし。

運動会の時の骨折で、水泳の練習も授業にも出れず、挽回するためにプールに練習に行きたいのも知ってる。

 

一方で、もう少し頑張れたかな~という気もしてる(笑)

どうしても疲れてぐーたらしちゃったり、勉強せずに寝ちゃったりもあったし。気分が上がらないとか言ってTV見てたこともあるしね~。

だって、わかっていて部活に残るって決めたの自分だし、まぁ骨折は仕方ないけど、誰も責められないしね。

 

この辺りはまだまだ自分に甘い気もしつつ、中学生だもん、そんなもん。

 

そして、勉強するのも受験するのも、私じゃない。彼がこれから先自分に責任をもって生きていくわけだから、彼が経験すること。

 

今、そう思える自分でよかったと心から思っています。

 

まだまだ受験はこれからが本番!この程度のことだけでなく、いろんなことが起こるだろうし、もっといろんな感情が家族それぞれに出てくるかもしれないね。

 

でも、来年の今頃には、そんなこともあったねって、きっと笑っていられるよ。

そうなれるように、どんな結果であろうと自分自身で、そして私たち家族も受け止めてあげられるように、母はできる裏方サポートを頑張りますっ!

 

って、最後は自分の宣言になってしまった(笑)

 

世の受験生ママ達~。子どもの受験のこと以外も考える時間をぜひ作ってね♪

 

どんな関わりをすれば子どもの自己肯定感を上げていけるのか、受験生の我が子にどんな風に声をかけたらいいのかな。そんなコミュニケーションのヒントは「マザーズコーチング」で学べます!

 

直近のマザーズコーチング、そしてママのためのワークショップは以下の通りです。

 

“マザーズコーチング講座”

9/19(火)10:00~15:00 @西東京市自宅

9/25(月)11:00~16:00 @西東京市自宅予定

詳細、お申込みはこちらから ⇒ マザーズコーチングはこちら

 

“イライラしても子どもに当たらないママになる!ママの自己肯定感を高めるワークショップ”

9/16(土)10:00~12:30 @ひばりテラス118

詳細、お申込みはこちらから ⇒ イライラママのワークショップはこちら

※ひばりテラス118のHP掲載はこちら ⇒ http://machiniwa-hibari.org/event-pr/10926/

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございましたヾ(*´∀`*)ノ

 

みつはしあきこのサポートメニューはこちら

 

ライフコーチ みつはしあきこ

コーチングを通して、「誰かのためでなく、自分のために生きたいと願う人」をサポートしています。
また、マザーズコーチングスクール認定ティーチャーとしても、コミュニケーション講座を通して、「ママの人生」と「こどもの人生」を応援しています。
誰もが自分の人生の主役。進みたい未来へ一緒に歩みましょう!

ブログ, 子育て